地理、歴史、民族、信仰などを学び、ヒマラヤ圏の異文化を理解。語学講座や、現地の映像を使った講座などで、より深い理解をすすめます。


報告会「ネパールの自然と民族~厳しくも豊かなヒマラヤの麓に生きる人々」

 

ネパールには100以上の民族がくらしています。ネワール族、チベット系民族など多様な民族のくらしやヒマラヤの大景観を、ビデオとスライドでご紹介します。
また、2015年大地震で大きな被害を受けた、世界遺産の古都の復興状況などもお話しします。(2018年2月取材)
 

ダウラギリ峰
ダウラギリ峰

自然

ネパールとチベットの国境にそびえるマナスル・アンナプルナ連峰の景観。山奥に延びていく車道で変わりつつある、トレッキング事情と山間民族の暮らしをお話します。

水牛と青菜の料理
水牛と青菜の料理

●民族

ネワール族は、紀元前よりカトマンズ盆地に暮らし、ネパールの代表的な文化を作り上げた民族です。彼らの料理、音楽、舞踊やネワール族の家族インタビュー。

チベットに接する国境側の山間地にはチベット系民族が暮らしています。カトマンズにはそれらの民族を対象にした、チベット仏教をベースにする小学校があります。その学校の概要と、札幌の児童会館とのネット交信の様子をお伝えします。

パタン旧王宮の復興工事
パタン旧王宮の復興工事

●大地震

2015年4月、5月に起きた地震で大きな被害を受けた世界遺産は未だ復興途上です。パタン旧王宮、ネパールで最も美しい古都バクタプール市街を取材しました。建て替え工事で変貌していく中世の街並みや、今も仮設住宅に暮らす被災者を訪問しました。

●2018/3/21(終了しました)

●講師:三浦博志(ヒマラヤ圏サパナ)

●会場:札幌エルプラザ


●異文化理解交流事業2017

講演会、映画、民話+民族音楽によるプログラム

くわしくはこちら


 

ヒマラヤ圏・辺境地の異文化をより深く理解


 

言葉の壁をこえた民族芸術

ネパール民族音楽
ネパール民族音楽

音楽、舞踊、絵画などの芸術には、その民族の風習、信仰、美学などがこめられています。 民族音楽のコンサートや、絵画芸術を通して、ヒマラヤ圏の民族の心にせまります。 

 

 

●ネパール音楽舞踊公演

●絵画交流プログラム


米朝首脳会談とグルカ兵

今日は、年表に残る米朝首脳会談。

そのたくさんのニュースの中に、なぜかグルカ兵の記事がありました。え?シンガポールにグルカ兵?と思ったんですが、英国の植民地だった名残が残ってるんですね。記事抜粋を下に載せます。

 

写真はいまだ地震の被害が残るグルカの街並み(2018年2月撮影)

時事ドットコム抜粋

 

首脳警護にネパール人部隊=山岳民族「グルカ兵」
 12日に行われる米朝首脳会談の舞台となるシンガポールは治安の良さで知られるが、さらに会場に最高レベルの警備態勢を敷くのが警察のネパール人精鋭部隊だ。両首脳らVIPに指一本触れさせまいと、鋭い目を光らせる。

0 コメント

仁川のトランジットツアー

2018年5月29日
今年2月のネパールは韓国乗り継ぎでした。帰りの仁川乗り継ぎは13時間あったので、無料トランジットツアーに参加しました。空港発着5時間コースで、景福宮→仁寺洞街に行きました。韓国人の添乗員が英語でガイドしてくれます。ただ、見学地では入り口までの案内で「自由散策なので、1時間くらい後にバスに戻ってね。」という感じです。戻らない場合は、バスは出発するそうです。
どこを見学するのか全くわからないまま参加したんですが、仁寺洞の味のある迷路小路もさまよってこれて、いい旅のおまけができました。
0 コメント