地理、歴史、民族、信仰などを学び、ヒマラヤ圏の異文化を理解。語学講座や、現地の映像を使った講座などで、より深い理解をすすめます。


報告会「ネパールの自然と民族~厳しくも豊かなヒマラヤの麓に生きる人々」

 

ネパールには100以上の民族がくらしています。ネワール族、チベット系民族など多様な民族のくらしやヒマラヤの大景観を、ビデオとスライドでご紹介します。
また、2015年大地震で大きな被害を受けた、世界遺産の古都の復興状況などもお話しします。(2018年2月取材)
 

ダウラギリ峰
ダウラギリ峰

自然

ネパールとチベットの国境にそびえるマナスル・アンナプルナ連峰の景観。山奥に延びていく車道で変わりつつある、トレッキング事情と山間民族の暮らしをお話します。

水牛と青菜の料理
水牛と青菜の料理

●民族

ネワール族は、紀元前よりカトマンズ盆地に暮らし、ネパールの代表的な文化を作り上げた民族です。彼らの料理、音楽、舞踊やネワール族の家族インタビュー。

チベットに接する国境側の山間地にはチベット系民族が暮らしています。カトマンズにはそれらの民族を対象にした、チベット仏教をベースにする小学校があります。その学校の概要と、札幌の児童会館とのネット交信の様子をお伝えします。

パタン旧王宮の復興工事
パタン旧王宮の復興工事

●大地震

2015年4月、5月に起きた地震で大きな被害を受けた世界遺産は未だ復興途上です。パタン旧王宮、ネパールで最も美しい古都バクタプール市街を取材しました。建て替え工事で変貌していく中世の街並みや、今も仮設住宅に暮らす被災者を訪問しました。

●2018/3/21(水祝)開場13:30 開演14:00(約2時間)

●講師:三浦博志(ヒマラヤ圏サパナ)

●会場:エルプラザ2階 環境研修室(北区北8西3) 


●異文化理解交流事業2017

講演会、映画、民話+民族音楽によるプログラム

くわしくはこちら


 

ヒマラヤ圏・辺境地の異文化をより深く理解


 

言葉の壁をこえた民族芸術

ネパール民族音楽
ネパール民族音楽

音楽、舞踊、絵画などの芸術には、その民族の風習、信仰、美学などがこめられています。 民族音楽のコンサートや、絵画芸術を通して、ヒマラヤ圏の民族の心にせまります。 

 

 

●ネパール音楽舞踊公演

●絵画交流プログラム




インドがネパールの水力発電受注

今日、こんな経済系ニュースが出ていました。

 

【インドの国営電機大手バーラト重電機(BHEL)は1日、ネパールで発電容量が90万キロワット(kW)の水力発電所を受注したと発表した。事業費は53億6,000万ルピー(約88億円)。完成すればネパールで最大の水力発電所になるという。】

 

去年、(親インドと言われた)前政権は中国と契約していた発電所工事を破棄しました。今年はじめ、(親中と言われる)新政権が誕生しました。で、素人目には、また契約を中国に戻すのかなどと思ってたのですが、上のニュースの通りインドと契約したと。

 

両大国にはさまれたネパール外交、単純な構図では考えられないようです^^。

写真:搭乗客と遊ぶカトマンズ空港の警察犬

0 コメント

ネパールの観光客

バクタプールの被災住宅 2018年2月
バクタプールの被災住宅 2018年2月

2017年のネパールの観光客数が、過去最多となったそうです。94万人!大地震から3年、

人々の不安も少しづつ薄らいできています。

 

でも、まだ波板トタンの仮設住宅に住み続けざるを得ない人たちもいます。写真は今年2月のバクタプール。被災住宅の手前に仮設住宅が見えます。

0 コメント