講座・講演

ヒマラヤ圏や辺境地の地理、歴史、民族文化などを講座や講演で学びます。

 

まったく初めての方や初級クラスを修了した方を対象とした講座。

くわしくはこちらでどうぞ。

 

異文化理解プログラム
ひとり語り芝居演者によるチベット民話
ひとり語り芝居演者によるチベット民話

舞踊、音楽、民話などのヒマラヤ圏異文化理解プログラムと、札幌の地域の児童会館や地域で活動する人々との交流プログラムを重ね合わせた事業。札幌市白石区北郷、南区簾舞(みすまい)で開催しました。

民族芸術
ネパール民族音楽
ネパール民族音楽

音楽、舞踊、絵画などの芸術には、その民族の風習、信仰、美学などがこめられています。 民族音楽のコンサートや、絵画芸術を通して、ヒマラヤ圏の民族の心にせまります。 

 

 

●ネパール音楽舞踊公演

●絵画交流プログラム


ネパールに鉄道が復活!

2022年4月4日

 

ネパールの鉄道が再開通というニュースです。

 

1937年にインドからジャナクプルまで鉄道が作られました。地図右下の赤線部分です(地図拡大できます)。その後、点線部分まで延伸されましたが、2014年からインドの路線幅に合わせる(広軌)鉄道工事が開始。先日4月2日に、やっと赤線の実線部分が開通したそうです。

 

ちなみに、1950年代までは地図の左側の点線位置、インドのラクソウルからネパールのビルガンジまで50kmくらいの鉄道があったそうです。カトマンズまで伸ばす予定だったらしいですが、頓挫となったようです。

 

そういえば、中国がネパールに鉄道を通す、というニュース、最近流れてきませんね。チベットからランタン地域を経由してカトマンズまで鉄道を通すということですが。それについては過去ブログをどうぞ⇒エベレストに穴をあける

0 コメント

ヒマラヤ山麓の大気汚染

2021年8月6日
コロナ蔓延でWHO(世界保健機関)の発表を連日聞いていたのは去年ころ?なぜか、ここのところ、減ってますね。もうWHOの出る幕ではなくなった、ということでしょうか?
そんなWHOが、大気汚染の統計「World Health Statistics 2021」を出しました。PM2.5の濃度による、世界都市の汚染度ランキングです。
なんと、第一位はネパール!!カトマンズ盆地の排ガス汚染は1980年代から、深刻になりました。盆地という地形と排ガス規制のない自動車の増加が主原因です。海外からの支援で電気自動車の乗り合いタクシーも一時多く走っていましたが、3年前に見た所ではあまり見かけなかったような気がします。。。
写真は2004年のカトマンズの街角。電気の乗り合いタクシーです。
■過去ブログ■
0 コメント