現地練習


2004年ネパール舞踊公演(北海道、関西開催)から、はや10年がたちました。公演前の現地練習の写真見ながらその熱気を思い出してます。練習場所はカトマンズのヌチェ先生の音楽教室です。


●打楽器奏者ヌチェさん(来日メンバーリーダー)

タブラ、キーンを演奏中

●右:ハリさん(サランギ奏者)

自作のサランギを演奏するハリさん。普通は4弦だが、彼はW弦を愛用。

 

2人の演奏はこちらで

http://youtu.be/WEswFTlL77k

●バスリ(笛)奏者のダルマさん

当時アナウンサーだったダルマさん。縦笛、横笛の豊かな響きを聴かせてくれた。

●シタール奏者のレサさん

シタールはインドと共通。

●前:舞踊のジュナさん

ステージでオーラを感じさせる天性のダンサー。当時、医学生だった。

●後:舞踊のサミルさん

運動神経抜群で、どんなに早いリズムの曲も難なくこなした。

●打楽器、舞踊のダルマさん

写真はターという鐘。カンタンダブダブというネワール族ジャプの伝統打楽器も演奏。