ネパール絵画交流プログラム

日本・ネパールの画家、生徒・美術教師により、絵画を通した交流プログラム、日ネ合同絵画展を行いました。2002年~2003年 北海道にて開催

エバーグリーン校生徒たちの水彩画120点、画家サリタ・ドンゴルのアクリル画20点を展示

会場:JR札幌駅・ちえりあ

 

■エバーグリーン校生徒たちの絵画

■サリタ・ドンゴル   樹々をモチーフとした作品

サリタ・ダンゴールがモチーフとする「樹」はネパール人にとってとてもだいじな意味を持ちます。それは神聖な菩提樹であり、飼料・燃料となる生活の木です。 

樹と語り、樹の感情を捉えることができるサリタ・ダンゴール。彼女が描くネパールの樹々の言葉・訴え、そして彼女が日本の樹々から受け取るメッセージとは?

 

■個展

2000年[Defining Trees]カトマンズ2001年[Oil Painting Exhibition]フランス、[Contemporary Painting Exhibition]ポカラ2002年[Trees and Trials]カトマンズ

■海外グループ展

2000年[ネパール-チベット グループ展]フランス2001年[ネパール現代美術6人展]ソウル、[The Second Eastern Region]美術展インド2002年[第10回アジア美術展]バングラデシュ

 

ネパールの画家サリタ、美術教師ラジュが日本の生徒たちに伝える自然素材による創作

エバーグリーン生徒たちが日本の美術・デザイン教育環境を学ぶ

 

サリタ・ドンゴルの創造教室

会場:厚真中央小学校 (北海道勇払郡厚真町新町) 

枝、石、葉を素材にして、自由に彩色をする

 

ラジュ先生の創造教室

会場:厚南中学校 (北海道勇払郡厚真町字富野)

ネパールのジュート布とプラスターを使った立体絵画

 

札幌市立高等専門学校授業

会場:札幌市率高等専門学校(札幌市南区芸術の森)

今最も創造エネルギーのある市立高専の創作授業を、國松明日香先生のご案内で見学、交流を行いました。

 

交流プログラムで生まれた作品による日本・ネパール合同展

 

日本・ネパール合同絵画展

会場:マリアギャラリー(札幌市中央区)

創造教室での日ネ生徒たちの作品展を開催しました。

 

ネパールには老人ホームがありません。お年寄りたちだけの生活の場を初めて見た生徒たちは、びっくりした様子。生徒たちは、身寄りのないお年よりたちの施設だと思ったそうです。三世代、四世代同居のネパールの生徒たちに、なぜ家族が面倒を見ないのか、ということを説明するのは大変難しかったです。

お年寄りたちの似顔絵を描き、ネパール民謡の歌と演奏をプレゼントしました。

 

会場:ケアハウス はる(老人ホーム 小樽市赤岩)