2017年7~12月


1年10か月ぶり

ブログ更新1年10か月ぶりです。2015年度、2016年度とチベット異文化理解交流事業をやっていました。

今年2017年度は始動がおくれ、これからです!今年はチベット料理教室などもやってみたいと企画中です。

写真はアムド青海省、興海花石峡の料理(2016年10月)

0 コメント

国境封鎖2ヶ月の中ティハールतिहार

街路をうめるランプ
街路をうめるランプ

ネパールは、11/9(西暦)から光の祭りティハールतिहार。街のいたるところに灯がまたたきます。


初日はカラスの日、2日目は犬の日と続き今日11日はラクシュミ・プジャの日。女神ラクシュミを家に招き入れる日。13日のダイ・ティカまで続くダサイン同様ネパールのとても大切な祭りです。

一方、9月にインドからのガソリン、医療品などがストップしてから2ヶ月。国境封鎖がいまだ続いているとのこと。4月、5月の大地震で医薬品が欠乏している状況に、追い討ちです。


ティハールの犬の日の写真をみました。頭をティカ(祝福の赤い粉)で真っ赤にして首にはマリーゴールドの花輪をかけられて祝福された犬。お祈りの後、ご馳走にありついている犬と、それを笑顔でみている人々。一つのニュースだけではわからないネパールが見えました。


写真:ティハールではないのですが、パタンの祭りで街路をうめるランプ


続きを読む 0 コメント

『雨ニモマケズ』をチベット語で

年末12/20に 民話「チベットの民話 朗読劇・歌と舞い」の公演を企画しています。チベットの民話を朗読劇形式で上演します。留学生によるチベットの歌や舞いも行います。プログラムを考えていると、なぜか宮沢賢治の例の写真が浮かんできます。彼は仏教徒だったけれど、チベットのことは語っていない。たぶん。でも、思い浮かぶ・・・

で、公演プログラムに『雨ニモマケズ』チベット語と日本語の輪読をいれることにしました。いろいろな国のことばに翻訳されているようですが、たぶんチベット語はまだないのでは?留学生にがんばってもらって訳詩もできました。二ヶ国語をどんな組み合わせでやると、この世界を表現できるのか?これからです。


続きを読む 0 コメント

チベット講座とワークショップ

青海湖西端の湖岸
青海湖西端の湖岸

9/27 映像+講座 開催しました。何年ぶりかの知人も来てくれました。

チベットの基礎的な地理、歴史など話しました。今回はアムドがテーマなので、モンゴルとの密な関係、遊牧民の定住化政策のこまったこと、青海湖の砂漠化のことなどにふれました。

9/29は札幌市北郷児童会館でワークショップ。留学生にも参加してもらいました。7月のチベット訪問の時、児童会館の子ども達がしおりのお土産を用意してくれました。それを現地でプレゼントした報告をしました。その後は朗読劇ワークショップ。チベット民話『猫とネズミの物語』をそれぞれの役になって朗読。また、『雨にもまけず』を日本語とチベット語で輪読(造語)しました。翻訳は留学生がやってくれましたが、不思議な音感を感じました。12月の公演にむけ、民話の選定中です。


写真:青海湖西端の湖岸は、湿原でした。やわらかできめ細かな緑。そのところどころに野鳥が。

続きを読む 1 コメント

ネパール新憲法 抗議活動広がる

パタンの露店
パタンの露店

先月、ネパール西部で新憲法への抗議活動が起きているニュースがありました。今日の旅行会社系のニュースによれば、講義活動は東部にまで広がってるようで、外務省の安全情報の危険度レベルがあがりました。1997年当時のマオイスト時代に戻ってしまったようですね。地震で観光客が激減した窮状の追い打ちになってしまう。。。






-------ニュース元 トラベルビジョン
外務省、ネパールで渡航情報一部引き上げ、憲法案めぐり対立    2015年9月14日(月)
 外務省はこのほど、ネパールの東部、中部、西部の一部について、海外安全情報のレベルをレベル1の注意喚起からレベル2の「不要不急の渡航は止めてください」に引き上げた。対象となるのは極西部のカイラリ郡、中部のパルサ郡、バラ郡、ラウタハト郡、サルラヒ郡、マハッタリ郡、ダヌシャ郡の一部、東部のシラハ郡、サプタリ郡の一部。

 同国では現在、新憲法草案における州境の取り扱いなどをめぐり、不満を抱く政党や民族グループ、宗教グループなどが各地で激しい抗議活動をおこなっているところ。同省はこれらの勢力と治安部隊との衝突に旅行者が巻き込まれる可能性などを懸念し、今回のレベル引き上げを決定したという。

 なお、観光客に人気の高いカトマンズ、ポカラ、ルンビニなどは今回のレベル引き上げ対象地域には含まれていないが、引き続きレベル1の「注意喚起」に指定されている。

続きを読む 0 コメント