2014年1~6月


これから写真展の設営!

会場サイン
会場サイン

写真展「チベット 大草原に生きる人々」

6/23~7/6 札幌エルプラザ2Fにて開催です。

アムド地方の自然、人々、そのくらしを展示します。

 

今日これから設営開始です。

0 コメント

五色の旗

五色の旗とカタ(白い布)
五色の旗とカタ(白い布)

13年前のものが出てきました。

チベット仏教五色の旗 ルンタ。

経文の書かれた青・白・赤・緑・黄の旗が連なったもの。

風にふかれてお経が運ばれるようにと、聖地、お寺、また危険なつり橋などに、わさっと掛けられる旗です。

チベットではあらゆるところで見られますが、ネパールも半分チベット圏なので同じように架けられています。

 

2001年 ネパール音楽舞踊公演の時、イベントで使うためネパールで買ってきたものが倉庫から出てきたのです。10歳から16歳の生徒と学校の先生や伴奏者総勢17名をよび、北海道各地で公演しました。あれから13年か。当時12歳だった女の子はもうお母さんになってます。

 

0 コメント

標高5000mのマラソン!

パプルへ向かうセスナの機内
パプルへ向かうセスナの機内

5/29 エベレスト麓の標高5160mゴラクシェプを出発点とするマラソンがありました。

ゴールはナムチェバザールで標高は3440m。水平距離で30kmくらい、標高差は1700mくらい。

優勝者はライ族の男性でした。おつかれさまでした。

ライ族はシェルパ族と同じ高地民族で、見分けはつきません。シェルパは登山ビジネスで収入を得られるようになりましたが、ライ族はそういう才覚がなかったようです。民族差別を受ける立場のようです。

0 コメント

ヒマラヤ・マネー

夕焼けのアンナプルナ
夕焼けのアンナプルナ

4月のエベレスト雪崩事故の補償をめぐり、シェルパたちがガイドの仕事をボイコットしました。そのため、ほとんどの登山隊が中止に追い込まれました。登山料を当てにしていた政府は、急遽、許可していなかった100以上の山々を開放し、なんとか登山料を確保しようとしています。オイル・マネーの国にならって、ヒマラヤ・マネー?でもね、なんとなく嫌な感じですね。

仮に登山隊が来たとしても、シェルパたちがどう動くのか?経験の浅いガイドたちが借り出されて、事故続発、などということにならなければ良いのですが。

 

エベレストの写真がなくて、アンナプルナの夕焼けを。

0 コメント

ホムカミ?

シェルパの子ども エベレスト街道にて
シェルパの子ども エベレスト街道にて

5/18夜、放映されたホムカミというTV番組の話題(見てませんが)。在日外国人がふるさとを訪問する、という番組らしいです。

 

昨夜は東大大学院を卒業したネパール人元留学生が主人公。ふるさとは住人900人の山村で、彼が村に建てた小学校を訪問する内容だったそうです。番組サイ トを見ると、「感動した」「教育支援に協力したい」などたくさんコメントが書かれてます。いい番組だったようです。そのせいか、昨晩のサパナのサイトアクセス 数がいつもの3倍になりました!

 

ただ、国際協力、途上国支援は、その国を十分知った上で行うことが不可欠です。友情、同情による一時的な感情で行われた支援もどきで、ネパールという国は大きなダメージを受けていることも現実です。

 

ホムカミfacebook http://goo.gl/lV3GZ8

0 コメント

1970年5月11日

左側高峰がエベレスト シャンボチェより2003年
左側高峰がエベレスト シャンボチェより2003年

1970年5月11日 植村直巳がエベレストに登頂しました。日本人としては初めて。その翌年、エベレスト国際隊(英国、米国、インドなど)に参加して、失敗。彼はこれらの経験からシェルパを従えた大人数登山に疑問を持ち、その後単独行をとるようになったといわれます。

 

今年4月のエベレストベースキャンプ近くの雪崩で、13人のシェルパが死亡、3人が行方不明になりました。政府に入る登山料に比して、事故補償が少なすぎると、シェルパたちは今シーズンの登山ガイドを中止しました。今年のシーズンの5月、エベレストに登るものはいません。植村直巳の登頂から44年目。

0 コメント

ネパール・ジョムソンに放送局!

カグベニ村
カグベニ村

ネパールの大部分はヒマラヤ山群の南側にありますが、北側にも領土の一部があります。そこはチベット文化圏の地で、風景がガラリと変わります。ジョムソンはアンナプルナ山群の北側の町で、ムスタン奥地への基点です。

 

そこに放送局ができたそうです。設計は韓国人。http://goo.gl/jf2vdW 20年ほど前には日本のNGOがチベット医学系の博物館を作ったこともありますが、その後はネパール全土を見ても韓国、中国の活動が多くなっています。

 

写真はジョムソンから北へ半日程歩いたカグベニ村

0 コメント

エベレスト雪崩事故の余波

左端にエベレスト
左端にエベレスト

4/18の雪崩事故で、今シーズンの登山は全面中止となったようです。シェルパ13人が事故死したのですが、その補償などが解決されないことが原因です。年間3億円の入山料は政府に入っているのに、死亡したシェルパたちへの補償はわずか。貴重な収入が途絶えてしまいますが、彼らはサポートを中止しました。

 

ニュース元 cnn.co.jp

http://www.cnn.co.jp/world/35047370.html

ネパール・クーンブ渓谷(CNN) 世界最高峰のエベレストで4月18日に発生した雪崩事故の影響を受け、今シーズンの登頂を断念する登山隊が相次いでいる。ガイド役を務める地元シェルパの多くが登山中止を決めたためだ。・・・・

0 コメント

十勝岳連峰と梅里雪山

十勝岳連峰~美瑛
十勝岳連峰~美瑛

先週、旭川、美瑛を回ってきました。

旭川ではチベット人留学生と会って、今秋のチベットコンサートの打合せ。その後、美瑛へ。ラベンダー、丘の風景ですっかり有名になった美瑛ですが、まだシーズンオフで道路もガラガラ。好天のもと透き通った時間を堪能できました。

夜は知人夫妻のお招きで美瑛の瀟洒なペンション泊。そのテラスからは十勝岳連峰が一望できました。夕刻、じょじょに無彩色になっていく山々は、数年前に見た梅里雪山連峰の色彩を思い出させてくれました。

梅里雪山連峰の大師雪山
梅里雪山連峰の大師雪山
0 コメント

ネパールの飛行場…離陸がいいか着陸がいいか?

Kangel Airport
Kangel Airport

facebookの Solukhumbu というページから毎日いい写真が流れてきます。ソルクンブは、エベレストに近い地域で、シェルパ族が多くすむ地域です。 おととい流れてきた写真は、
Kangel Airport という空港の写真でした。山頂を削った空港らしく、離陸も着陸も地に足がつかないカンジです^^。ソルクンブではルクラ空港が、エベレスト登山の入り口で最も客数が多いところです。ここの滑走路はスキー場の初心者コース程度の斜度があり、下りながらの離陸はなかなかスリルがあります。また、同じくソルクンブのパプル空港は、180°旋回しながら着陸する空港で、初めて行った時は何が起こったんだ!と驚きでした。

 

飛行場関連ブログ

ネパールの飛行機は?

ジョムソン

2 コメント

ブータンのチベット難民

ポタラ宮
ポタラ宮
ブータンへのがれたチベット難民のことが、ビッグイシューのサイトで取り上げられていました。難民の人たちは、チベット帰還の権利放棄をしないと、ブータンの選挙権、市民権を得られないそうです。ここにも厳しい現実が。
ビッグイシューサイト
http://bigissue-online.jp/2013/07/26/bhutan/
0 コメント

ネパールの蜂蜜とり

ネパール中央部のポカラという町から西へ向かい、アンナプルナ山群を見渡す標高2000m前後の山並み。その地域にはグルン族という山間民族が住んでいます。住宅の軒先には蜂の箱がぶら下がっています。彼らは昔から蜂蜜とりを生業としてきました。山奥の、険しい崖地での蜂蜜とりは世界的に知られ、先日もTV番組がありました。彼らの蜂蜜とりを撮影したニュースがありました。


0 コメント

ケサルって誰?

表紙
表紙

「ケサル大王物語」君島久子編 筑摩書房 のこと。


ケサル大王・・・知ってる人は、ほとんどいないでしょうね。自分も3ヶ月ほど前に知りました。チベット文 化圏、モンゴル語圏に伝わる英雄伝、叙事詩です。誰がモデルかは分からないようですが、あとがきによれば、おそらく11世紀以降にまとめられた、、とのこ とです。地上の悪魔たちを退治するため、天界からおくられたケサルが大活躍する物語です。


色々な版があってすべて集めると、インド の世界最長古代叙事詩より長いらしいです!本書は1987年に発行されていて、編者によれば日本での紹介は初とのこと。だれもしらないはずですね。原本は、中国青海省貴徳県で発見された手書きの書物で発見場所は→http://goo.gl/gpRVAm

0 コメント

ネパールは電気自動車の先進国!

電動乗合タクシー
電動乗合タクシー

写真は10年前カトマンズで撮影の電動乗合タクシー。カトマンズはバイク、トラック、バスなどディーゼルエンジン車がかなりの排気ガスを撒きちらしています。その解決策として海外からの支援も受け、10数年前にはすでに電気自動車がかなりの数 走っていました。

今年から、東京の電動バイク企業がカトマンズにショップを開くというニュースがありました。年3000台の販売目標とのことです。

 

ニュース元

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140310/biz14031008060000-n1.htm

0 コメント

チベットの仕事歌はたくましい

チベットの仕事歌「築墻調」のビデオありました。
雲南省デチェン地区のチベット族の歌だそうです。
チベット初の僧院サムイェ寺(8世紀創建)を建てる、という歌詞ですね。

写真はサムイェ寺の向かいの丘からみた寺院の伽藍。おぼ円形の塀で囲まれた寺院配置は、チベット仏教の世界をあらわしています。建物のいくつかが宿泊施設で、一晩泊まりました。

 

ビデオはこちらで→ http://youtu.be/1ghjuyToF40

0 コメント

昆明の無差別殺傷事件とウィグル族?

雲南省の省都、昆明市で3/1起きた無差別殺傷事件。3/2現在、死者は27人、負傷者は135人。当初、ウィグル族の犯行という報道も流されてましたが、その後どうなったか?現在、中国政府は政府発表以外の報道規制をしています。

雲南は”少数民族の里”とよばれ、25民族が住んでいます。ウィグル族は西の果ての民族なので25民族には含まれてませんが、ニュースによれば昆明市には彼らの居住区があり、そこも捜査が行われてる模様。

 

新疆ウィグル自治区は、民族弾圧問題、核実験汚染問題などで知られています。去年11月、天安門での事件もウィグル族の犯行とされました。

0 コメント

青木文教

ラサ憧憬 高本康子著
ラサ憧憬 高本康子著

1912年大正元年 ヒマラヤ越えでチベットに入った青木文教を調べまくった本。高本康子先生著。北海道大学にこういう先生がいるとは。

まさに論文!という本で素人が読むにはちと大変でしたけど・・、勉強になりました^^

0 コメント

スペインからのチベットニュース

カム地方の岩山
カム地方の岩山

スペインの裁判所が中国要人の国際手配を要請したというニュースです。手配されたのは、●元最高幹部 江沢民元国家主席 ●李鵬元首相 ●喬石・元全国人民代表大会常務委員長(国会議長) ●陳奎元・元チベット自治区共産党書記 ●彭珮雲・元国家計画出産委員会主任

 

-----転載------------

[マドリード 11日 ロイター] -スペインの裁判所は10日、中国の江沢民元国家主席や李鵬元首相ら5人が在任中にチベットでの大量虐殺に関与したとして、国際刑事警察機構(ICPO)に国際手配を要請した。

スペインの法律では、自国籍を持つ被害者がいる場合、海外で起きた人権侵害でも国内法に基づき裁くことができる。この問題では、チベットを支援する2団体とスペイン国籍を持つ僧侶が2006年に告発し、裁判所が昨年11月に5人への逮捕状を出す決定をした。

 一方、スペイン議会は11日、人道的犯罪をめぐり外国人などを国際手配する裁判官の権限を制限する法案を賛成多数で可決した。与党の国民党(PP)が提出したもので、スペイン人や同国在住者以外が容疑者とされる犯罪の捜査が難しくなるとみられる。

 今回の国際手配には中国側が強く反発し、取り下げを要請。外交関係に影響があると示唆していた。

0 コメント

超大国にはさまれたネパールは?

スシル・コイララ
スシル・コイララ

ネパールは2006年に王制が崩壊しました。そして連邦共和制の憲法を作る議会スタートが2008年のこと。でも、ずるずるっともめ続け、6年経った今も憲法はできず。ま、のんびりとです。

ところで2008年に新体制初代首相となったダワルさん(マオイスト派)。それまで新首相の就任挨拶はまずインドへ、という慣例でした。ところが彼は中国に行ったのです!中国からは武器、開発援助などかなりネパールに送られ始めてもいたので、いよいよネパールは中国の一部になるか・・と思いました。その後も中国からのODAは増え続け・・

 

しかし、今年就任のS・コイララさん(会議派)の就任挨拶はインド!超大国にはさまれたネパールの行く末は果たして?

 

ニュース元 産経ニュース

0 コメント

エベレストがお得に!

夕日のエベレスト
夕日のエベレスト

現在、エベレスト登山料は、1人だと250万円、7人なら710万円。ところが来年から、1人110万円になるそうです。登山料で躊躇していた皆さん、この機会にエベレストに登りましょう!

それにしても割り引き方の大雑把さがなんとも言えません。そういえば、10年くらい前のロイヤルネパール航空もそうでした。15人の団体の場合、もう1名ただで乗れたんです。いい時代でした^^

 

・・・写真は夕日のエベレスト(シャンボチェから http://goo.gl/maps/bY9fs

2 コメント

ネパールの?白岩塩

ネパールの白岩塩
ネパールの白岩塩

今回の岩塩は白です。なかなか、奥深い、含蓄ある色をしていました。これは硫黄のにおいはしなかったと思います。普通の塩味。

 

ところで、前回の黒岩塩はネパール語でビレヌン बिरेनुन だそうです。

ヌン नुन は塩のことですが、ビレがどういう意味かはわかりませんでした^^

0 コメント

ネパールの?岩塩

ブラックソルト
ブラックソルト

ネパールの露店で売られてる岩塩。英語ではブラックソルトと呼ばれます。。白っぽく見えるのは粉末がついたもので、右端の赤っぽいのが本来の色です。かすかに硫黄のにおいがします。これは胃腸や風邪の薬になる、と聞きました。

岩塩の産地を調べてみると、中近東、アフリカ、北米、南米など全世界にあるようですが、ネパールはあげられていません。この露店でもパキスタンと聞いたような記憶があります。ところが、ネットショップにはヒマラヤ岩塩という名称が溢れ、ネパール産というような表記も・・・どうも怪しい。

0 コメント

明治大正期の北海道の監獄労役のようなことが

まるで明治大正期の北海道の監獄労役のようなことが、起こっています。

カタールでの海外出稼ぎネパール人たちが、この2年間で382人死んでいるという報道。

海外で出稼ぎをしなければ生活が成り立たない、という仕組みなってしまった社会の悲劇です。

ブッダが生まれた国の悲劇。

 

出稼ぎに関するこれまでのブログ

ネパールの世話 सेवा ?

海外在住ネパール人協会?

ネパールの出稼ぎ

シェルパの出稼ぎ

 

---引用---------------

ニュース元 47ニュース 2014/01/25 【共同通信】

 

W杯競技場建設で185人死亡 サッカーのカタール大会

 

 【ロンドン共同】英紙ガーディアン(電子版)は24日、サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会に向けた施設などの建設事業で、ネパールからの出稼ぎ労働者が昨年185人死亡したことが公文書発表で明らかになったと報じた。

 同紙は昨年9月もネパールからの労働者への虐待や搾取、劣悪な労働環境の実態を報じ、多数の死亡者が出たと伝えた。だが、その報道から数週間で36人が亡くなったとし、状況が改善されていない様子を指摘。直近の2年間では死亡者数が382人に上ったとした。

0 コメント

ネパール制憲議会再開…ついに?なのか、また?なのか。。。

ネパールの豆腐
ネパールの豆腐

二期目の制憲議会が1/22始まったようです。1年以内に憲法草案をつくるそうです。

 

2006年に王制が廃され、連邦共和制を目指し2008年制憲議会がスタートしたんですが・・・4年間もめ続け、時間切れ解散となりました。そして2年を経て再議会がスタート!はたして行方は??

まあくれぐれも近隣国の介入には、気をつけてほしいですが、すでに遅いという声も。。

写真はネパールの豆腐。ネパールにも、豆腐の角に頭ぶつけて・・ということわざがあるかどうかは、知りませんが。

 

これまでの議会関連のブログ

ネパール 懲りない制憲議会選挙

ネパールの13年を30秒で

憲法がない状態で5年目 ネパール

憲法なくたって

憲法のない国ネパール

政治が合わない国

 

---転載-----------------

ネパール、新憲法制定へ議会初招集 政党間の対立不可避

産経ニュース2014.1.23

 新憲法が制定されず、政治混迷が続くネパールで22日、昨年11月の選挙後初めてとなる制憲議会が招集された。任期の4年間で新憲法制定を目指すが、政治体制の在り方などをめぐり政党間の対立が予想される。

 

 選挙では主要政党のネパール会議派が第1党となった。2006年に反政府武装闘争を放棄した後、国政で中心的な役割を担ってきたネパール共産党毛沢東主義派は大敗した。

 

  08年に発足した旧制憲議会は新憲法制定に向けて討議を重ねたが、実現に失敗して12年5月に解散した。(共同)

0 コメント

シャングリラ炎上!

雲南省北西部のシャングリラ(旧名・中甸)は、石畳の迷路に土壁の街並みが美しい古都です。雲南省の茶葉を、ラサからヒマラヤ山脈の北側をたどって 運んだルートは茶馬古道と呼ばれます。茶葉はインドにも運ばれ、そこから英国へ渡りました。シャングリラはその古道の主要な町でもありました。

 

2005年にツアーを企画し訪れ、旧市街の土壁の街並みを歩きまわりました。そこには時間を超えた空気が漂っていました。その街並みが1/11に消失してしまいました。なんとも残念・・・。

-----------------------

ニュース元 東京新聞TOKYO WEB http://goo.gl/EP3aIg

 

0 コメント

ネパールのバス・・・

新年早々、ネパールのバス転落事故のニュースが入ってきました。

 

日本人観光客は車をチャーターすることが多いと思いますが、山肌を削ったつづら折の道路を走る恐怖を体験した人は多いと思います。そこで屋根に人と荷物をいっぱい載せたバスとすれ違ったこともあるでしょう。あの恐ろしい道路状況では、ちょっとしたはずみで事故が起きてしまいます。道路そのものがない地域もまだまだ多い国です。道路状況の改善にはまだまだ時間がかかるでしょう。

---------------------------

The Voice of Russia 2.01.2014, 07:09

ネパール西部で1日、観光客などを乗せたバス2台が川に転落し、14人が死亡した。AP通信が伝えた。

 カトマンズ北西のバスカンダ村の近くでバスが川に転落し、8人が死亡、27人が負傷した。死者は全員、ネパール人だった。タナフでもインドのコルカタ発のバスが川に転落し、6人が死亡した。バスには大勢の観光客が乗っていた。

0 コメント

新年のめるまが

みなさま あけましておめでとうございます。
海外で新年を迎えられた方も多いことと思います。

サパナでは2014年も、ネパール、チベットの異文化を通して日本を振り
返る企画を進めていきます。どうぞよろしくお願いいたします。
サパナのイベントをお知らせします。どうぞご参加ください!

■■■ネパール語講座
はじめての方を対象に文字の書き方、基本例文を10回単位で学びます。
----------------


●日時:第1回目2014年1月19日(日)15:45 原則毎週開講ですが、
2回目以降は参加者の予定に合わせ決めます。
●受講料:1回90分×10回で15,000円
●対象:まったく初めての方
●講師:元JICA青年海外協力隊員
●会場:ヒマラヤ圏サパナ(札幌地下鉄平岸駅より徒歩2分)



0 コメント