これまでの講座


●講座「チベット ~アムド地方・チベット族の暮らしと祭り」

 

■内容・・・モンゴルに連なる大草原に生きるチベット族を紹介

チベット基礎知識:ヒマラヤとチベット高原の関係・チベット民族の暮らし
アムド地方レゴンの祭り:土着信仰に根ざすシャーマニズム要素の強い奇祭

■お話し

・チョルテンジャプ(アムド出身、北大大学院文学研究科卒。2012年10月より国立民族学博物館研究生)
・石村明子(1991年からチベット本土やインドのチベット文化圏を個人旅行。中国在住3年、台湾在住10年を経て、現在は中国語翻訳・通訳業。今夏、アムド・レゴンのルロ祭りを取材)


■日時:2012年9月23日


●外務省共催講演会「ネパール情勢」

 

  • 講師:神長 善次 氏 (元在ネパール日本国大使館大使 2001年-04年)
  • 日時:2005年7月14日
  • 会場:札幌エルプラザ

 

【講演概要】

1.アジアをどう考えたらよいのか…アジアの多様性と地域性

2.ネパールと日本の関係…日本史とネパール史を並べて

3.ネパールの特徴…ネパールの自然への愛着、ネパール経済の特徴、ネパール政治の特徴、マオイストを中心とした現状について

 

講師:神長 善次 氏 ご紹介

1943年栃木県生まれ。京都大学法学部卒業後、外務省入省。

在米国日本国大使館、在フィリピン日本国大使館、欧州共同体日本政府代表部等に勤務。外務省報道課総括班長、アフリカ課首席事務官、文化第二課長、中近東第一課長を務め、その間、埼玉大学(政策研究大学院大学)客員教授、宮内庁御用掛(昭和天皇通訳)を兼務。

その後、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部、在インド日本国大使館、在インドネシア日本国大使館各公使、日本体育・学校健康センター(現・日本スポーツ振興センター)理事、在オマーン日本国大使館、在ネパール日本国大使館各大使を歴任。現在、特命全権大使(大阪担当)。

著作に「欧州の知恵」(講談社)、「アジアのBCG」-東洋の「生きる力」を読みとる-(出版文化社)、その英語版”The Wealth of Asia"(タトル商会)(及びネパール語版)、「欧州共同体」、詩集「愛し風」「涼ろ風」、歌集「南青山」、がある。